アメリカのお寿司事情

こんにちは!
寿司茶屋 桃太郎です。

お寿司は日本だけでなく、
アメリカでも「SUSHI」として
人気がありますよね(^O^)!

そしてアメリカで代表的なお寿司といえば
「カリフォルニアロール」。

かにかまぼこ(またはかにの脚身)、
アボカド、マヨネーズ、白ゴマなどを
手巻きにしたり、海苔を中にご飯で巻く
「裏巻き」にしたお寿司です。

その始まりはロサンゼルス・リトル東京に
開店した東京会館の日本の寿司職人
真下一郎氏といわれています。

元々、欧米では
「海草を食べる文化」がなかったので、
寿司に巻いたパリパリの海苔が
カーボン紙のようだと敬遠されたそう。

そのため、海苔が見えないよう
内側に巻き込んでいるんですね。

そのことからもアメリカで寿司といえば
握りではなく、「巻き寿司」なんです。

揚げたカニ足を巻いた
「スパイシーツナロール」や
クリームチーズを具にして巻く
「フィラデルフィアロール」など、
あまり日本ではお目にかかれない
珍しい寿司ネタ満載ですね!

日本の寿司」を堪能するなら、
ぜひ寿司茶屋 桃太郎へお越しください!

寿司茶屋 桃太郎
momo