塩辛っていつからあるの?

こんにちは!
寿司茶屋 桃太郎です。

海に囲まれた日本。

そのためかやっぱり魚介類とは
密接な関係にありますよね。

ただ中には
「なんでこんなの食べようと思ったの!?」
と思うものも。

その中でも本日は
お酒のアテにもぴったりの
「塩辛」にスポットを当ててみました。

魚介類の身や内臓を塩漬けにし、
発酵・熟成させた保存食品なんですが、
果たしていつ頃から
食べられるようになったのでしょうか。

古い記録だと平安時代には
「塩辛」という文字が現れます。
ただこちらは今現在のような
塩辛とは別物と考えられているようです。

今のようなかたちで
食べられるようになったのは
江戸時代中期以降から、
というのが今は定説になっています。

今のように流通が発達していなく、
もともとはなんとか保存するために
考えられたものだと思いますが、
おいしさも両立させるのが
さすが日本人!という感じですね。

だからこそ今でも
親しまれているのだと思います。
寿司をはじめ、日本の食文化は
本当にすばらしい!
momo