武士に嫌われた魚とは?

こんにちは!
寿司茶屋 桃太郎です。

寿司は歴史が古く、
もちろん世の中にお侍さんがいたような時代にも
食べられていました。

さてそのお侍さんですが、寿司に使われる魚の中で
嫌っていた魚がいるんです。

なんだと思いますか?

それは「コハダ」。
江戸前寿司の定番として人気ですが、
別名を「コノシロ」と言います。
「コノシロ」=「この城」。
つまり「この城を焼く、食う」と連想することから
武士の間で嫌われるようになったんですね。

そのためコハダは腹切り魚として、
切腹にそなえる魚になってしまったそうなんです。

ゲンを担ぐ、大事にする
日本人ならではの感覚と言えるでしょう。
もちろん今の時代、味の好き嫌いはあっても
このようなゲン担ぎでコハダが嫌い、という方は
まずいないかと思います。

当店でもご用意していますので、
江戸前寿司の人気ネタ、
ぜひお召し上がりください。
mo