japanfoodservis のすべての投稿

江戸前鮨の魅力

こんにちは!
寿司茶屋 桃太郎です。

寿司の中でもよく聞くのが「江戸前」。
東京湾で獲れた魚介類を
新鮮なままで食べられるというのが一番の魅力ですね。

今ではごく一般的に全国で食べられている握り寿司も、
この江戸前寿司から広まったと言われています。

その名の通り、元々は江戸っ子たちが好んだ郷土料理。
昔は今のようなお店でゆっくり落ち着いて、という食べ方ではなく、
屋台などで好きなネタをつまんでサッと帰る、
というのが主流であり、「粋」でもあったようです。

まさに今でいうファストフードのようなものですね。

ネタで特に定番なのが、
・玉子
・コハダ
・穴子
ではないでしょうか。
「焼き、〆もの、煮物」と代表的なものなんです。

当店の寿司も築地直送の新鮮なネタを使用。
もちろん上の3つもご用意しています!
ぜひお召し上がりください!

秋の旬の魚3

こんにちは!
寿司茶屋 桃太郎です。

食欲の秋、というように
これからの季節、色々な旬の食材が出てきます。

魚介類も同じで、9月頃に旬を迎えるものも
まだまだたくさん!
いくつかご紹介しますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

・鮭
さんまと並び、秋を代表する魚です。
赤い身ですが、実は白身魚の部類。
焼き料理がメインですが、調理法は様々で飽きさせないおいしさ。

・太刀魚
夏から秋にかけて旬を迎える太刀魚。
新鮮なものはお刺身やお寿司もおすすめです。
他にはてんぷら、唐揚げなどもおすすめ。

・アサリ
9月は貝も美味しい季節。
定番のアサリは秋口にもっとも肥えるため
この時期は実がプリッと大振りで美味しさも抜群!
酒蒸し、みそ汁、あさりごはんetc、
バリエーション豊かに味わえます。

これからもどんどんおいしいものが出てくるこの季節。
当店でも旬のものをたくさん取り揃えております。
食欲の秋、お食事はぜひ当店で!

秋の旬の魚2

こんにちは!
寿司茶屋 桃太郎です。

この時期から旬を迎える魚介類はまだまだたくさん。

さんまの他にも、代表的な秋の魚と言えば
「かつお」。
この時期のかつおは「戻り鰹」と呼ばれますね。

かつおは季節によって回遊する魚で、
この時期は一旦北上したかつおがまた宮城県沖で
親潮とぶつかって南下してきます。

この時期のかつおもしっかりと脂がのって、
身も引き締まっていて絶品!

かつおといえば、やっぱり美味しくて定番なのは
かつおのたたき。
表面だけあぶり、独特の風味や食感を醸し出しています。

もちろんお刺身や寿司ネタとしても人気の一品。
当店でもご用意していますので、
ご来店の際にはこれから旬を迎えるかつお、
ぜひ召し上がってみてはいかがでしょうか?

秋の旬の魚1

こんにちは!
寿司茶屋 桃太郎です。

毎日の暑さも、少し落ち着いてきたように思います。

これからの季節はまさに食欲の秋!
様々な食材が旬を迎えて、
お食事が楽しい季節になりますね。

もちろん魚介類も旬を迎えるものがたくさん。

その中でも、やっぱり秋を代表する魚といえば
「さんま」ではないでしょうか。

9月~10月くらいが最も脂ののっていておいしい時期。
むしろ1年のなかで、この時期のさんまを食べないのは
とっても損と言ってもいいくらいです。

調理方法はやっぱり定番の塩焼きがおすすめですね。
大根おろしを添えて、ごはんのおかずにも
お酒のつまみにもピッタリの一品です。

また、この時期ならではの新鮮なさんまは
お刺身もおすすめ。
脂ののった甘味あるお刺身は塩焼きとはまた違って絶品です。

秋の魚の代表格、さんまを今年もぜひ
召し上がってはいかがでしょうか。

サザエに関するうんちく

こんにちは!
寿司茶屋 桃太郎です。

夏は貝類がおいしい季節でもありますが、
「夏と言えば」の貝類で思いつくのが「サザエ」!

1年を通して食べられるサザエですが、
旬は春から夏にかけてと言われています。

新鮮なサザエのお刺身やお寿司はもちろんですが、
バーベキューや海の家などでのつぼ焼きも
サザエを食べるうえでは欠かせませんね!

コリコリの食感はまさに絶品!

また、ただおいしいだけではなく、
サザエには栄養もたっぷりと含まれています。
まずはタンパク質。
他にもビタミンB1やB2、鉄分も豊富に含まれています。

当店でも逸品料理としてサザエのつぼ焼きをご用意。
秘伝のタレとサザエの食感・うま味が絶品な一品です。

当店おすすめのサザエのつぼ焼き、
ご来店の際にはぜひお召し上がりください!

お寿司に合う飲み物は?②

こんにちは!
寿司茶屋 桃太郎です。

お寿司屋さんで絶対に欠かせない飲み物と言えば、
そう!お茶(あがり)ですね。

お寿司屋さんではほぼ必ずといっていいほど、
熱めのあがりが出されます。

実はこれにはきちんとした理由があるんです。

生の魚をたくさん使う寿司、
ネタもバリエーションに富んでいますよね。
中には脂の乗った魚や、味の濃いネタも。

そこで、熱いお茶でお口の中をすっきり、
脂っぽさも解消してくれるんです。

つまり、お寿司を美味しく食べるためには
あがりは欠かせない存在、というわけなんですね。

ちなみのこの「あがり」、
昔の遊郭などで使われていた言葉が語源となっているそうです。

当店へお越しの際も、
アツアツのあがりで美味しくお寿司を
お召し上がりください!

お寿司にあう飲み物は?①

こんにちは!
寿司茶屋 桃太郎です。

みなさんはお寿司に合う飲み物といえば
何を想像しますか?

無くてはならないお茶、
定番のビールなどなど
沢山種類がありますが、
「日本酒」と答える方も多いのではないでしょうか。

確かにお寿司に日本酒、
とっても良く合うんです。

特におすすめなのが辛口の日本酒。
シャリの甘さや魚のくさみを中和して
すっきりと、深みのある味わいが楽しめます。

もちろん当店でもこだわりの日本酒の数々をご用意!
銘柄も取り揃えておりますので、
気になる銘柄や、お寿司や料理に合うものを
お探しの際は、お近くのスタッフまでお声がけください。

当店自慢の寿司と、
バリエーション豊かな日本酒、
ぜひお楽しみください!

貝類のうんちく

こんにちは!
寿司茶屋 桃太郎です。

毎日暑い日が続いていますが、
みなさんは元気にお過ごしでしょうか。

夏は数ある魚介類の中でも、
貝類がおいしい季節!

岩牡蠣やサザエは夏を代表する
おいしい貝類とも言えるでしょう。

この貝類、おいしいだけではなく、
夏にぴったりな栄養もたくさん含んでいるのが特徴なんです。

その栄養素とは「タウリン」!
聞いたことのある方も多いと思いますが、
タウリンには疲労を回復させる効果があります。

ついつい体力が落ちてしまったり、
ぐったりしがちな夏。
この貝類でタウリンを補給することができるんです。

また、他にも鉄分やミネラルなども豊富。
牡蠣は「海のミルク」と言われることでも
有名ですね。

この夏は、旬のおいしい貝類を食べて、
しっかり栄養補給して
元気に過ごしてはいかがでしょうか?

天ぷらの抹茶塩

こんにちは!
寿司茶屋 桃太郎です。

みなさんはてんぷらは何をつけて召し上がりますか?
定番のてんつゆ、シンプルなお塩といくつか種類がありますが、
上品な味で人気なのが「抹茶塩」。

もともとはとても古い歴史を持つ抹茶ですが、
近年になって、抹茶以外のデザートや料理、飲み物などにも
たくさん使われるようになってきました。

みなさんも街中で「抹茶」という単語を
よく目にするようになりましたよね。

その中で抹茶塩も生まれましたが、
実はご家庭でも簡単につくることができます。

塩と抹茶粉末を9:1くらいの割合、
少しだけ他の旨味調味料を入れてもいいですね。
そしてフードプロセッサーなどで
さらに細かく砕きつつ、混ぜ合わせるだけ。
これだけでかんたんに高級感あふれる
抹茶塩の完成です。

また、天ぷらの衣に抹茶粉末を少し混ぜるのもおいしくておすすめ。

抹茶塩、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか?

銀ダラって何?

こんにちは!
寿司茶屋 桃太郎です。

当店ではお寿司以外にも数々の逸品料理を
ご用意しておりますが、
焼き物で人気なのが
「銀ダラの西京焼き」。

脂のしっかりのった銀ダラに
西京みその風味がマッチして、
お酒にもぴったりですし、ごはんのおかずにもなる一品ですね。

ところでこの銀ダラ、
「たら」と名前がついていますが
厳密にはたらの仲間ではなく、「カサゴ目ギンダラ科」のお魚。

以前はたらの代用品として鍋物や煮付け用に
売られていましたが、
近年では脂ののっている銀ダラは人気の魚となっており、
価格も高騰気味なんです。

一年を通して流通しますが、特に秋から冬にかけて旬となり、
スーパーなどでもよくみますね。

当店のじっくり丁寧に焼き上げた
銀ダラの西京焼き、おすすめの逸品です!