月別アーカイブ: 2017年2月

寿司屋でのNGマナーとは?

こんにちは!
寿司茶屋 桃太郎です。

日本が誇る伝統的な食文化である寿司。
もちろん気楽に食べられる
ファストフードとしての側面もありますが、
どちらにしても気をつけたいのがお寿司屋さんでのNGマナー。

例えば最近たまに聞くのが、
「ネタとシャリを分けて、ネタだけ食べる」。
これはお寿司屋さんではNG。
寿司はネタとシャリをバランスよく組み合わせて、
一番おいしくなるように職人のみなさんが握っているんです。
寿司の状態がいわば一番の完成品。
ぜひそのままでおいしさを味わっていただきたいですね。

他にも醤油をつけすぎたり、
出された寿司をしばらく放置してお話に夢中になるなど、
本来のお寿司のおいしさが損なわれてしまいます。

お寿司屋さんとはいえあまり堅苦しく考えず、
一般的なマナーを守って自然体で楽しんでいただきたいと思います。

逆に「こんな時どうすればいいの?」というご質問がありましたら
ぜひお近くのスタッフまでお聞きくださいね!

「通」な食べ方ってあるの??

こんにちは!
寿司茶屋 桃太郎です。

お寿司屋さんでの「通」な食べ方として
最初に玉子を食べる、というものを聞いたことがありませんか?

お寿司屋さんで魚ではなく玉子。
なぜこれが「通」なのでしょうか。

お寿司屋さんで玉子を焼く場合、
だし汁や砂糖に醤油、そして魚のすり身なども加えます。
もちろん火加減や火の通し具合も大事。

そこで、そのお店の技術のレベルを見るのに
玉子が一番適していた、と言われていたんです。

最初に玉子を食べて、そのお店の知るのが「通」な食べ方と
されていたんですね。

とはいえ食べ方も多種多様なこの時代。
気取らず好きなものから食べるのが一番いいのではないかと思います。

ただお寿司の順番としては
淡泊な白身や光物から徐々に赤身や味のしっかりしているもの、
そして最後に甘い玉子、というのもおいしさを楽しめると思います。

ぜひお客様のお好みに合った食べ方で、
自由にお寿司を楽しんでくださいね!

どうして赤だしなの?

こんにちは!
寿司茶屋 桃太郎です。

お寿司屋さんの汁物といえば、「赤だし」という
イメージがありませんか。

もちろんお店によって様々だと思いますが、
やっぱり赤だしを使っているお店が
ダントツで多いように思います。

例えばあら汁、寿司ネタでつかったブリやハマチ、
いろいろな魚のアラをつかいますよね。
そのアラに良く合うのが、すこし辛めな赤だしなんですね。
例えばこれが少し淡泊な白だしだと、魚に負けてしまいます。

他にもお寿司の生臭さを赤だしで
打ち消したりということも
あるかと思います。

もちろんお寿司屋さんの中には白だしを使うお店も
沢山ありますし、
お客様のお好みによっても様々でいいと思います。

決してお寿司屋さんの中では主役ではありませんが、
それでもいかに美味しく食べてもらえるかという工夫があるんです。

当店でも一品一品、心を込めておつくりしておりますので
ぜひ色々なメニューを試してみてくださいね。

冬は美味しい魚がいっぱい

こんにちは!
寿司茶屋 桃太郎です。

2月が旬の魚介類はまだまだたくさん!
本日はちょっと変わり種、ちょっとめずらしいものも
ご紹介していきたいと思います。

・クエ
脂ののったこの時期のクエは鍋にぴったり!
あんこうと同じく、アラや内臓も食べられます。
新鮮なクエの刺身も絶品!
漁獲量が少なく、高級魚なので
なかなかお目にかかれないのが残念です。

・ノドグロ(アカムツ)
のどの奥が真っ黒!そこから主に北陸地方などでは
ノドグロと呼ばれています。

1年を通して獲れる魚ですが、この時期は特においしい!
脂ののりから、「白身魚のトロ」とまで言われています。
塩焼きや鍋、刺身や寿司もおすすめです。
こちらも普段はなかなかお
目にかかれない高級&希少な魚ですね。

四季のはっきりしている日本だからこそ、
季節によって旬のものはさまざま。
旬のネタのお寿司を食べたいなら当店でぜひどうぞ!

この時期に食べて欲しい・・・!

こんにちは!
寿司茶屋 桃太郎です。

2月に入り、寒さもより一層激しさを増してきました。
日本全国各地で大雪や寒波のニュースを見る機会もありますね。

ただこの寒さ、海の幸にとってはいいこともたくさん。
脂がのった美味しい魚介類もたくさん獲れます。

そこで本日は2月が旬の魚介類をご紹介!

・ヒラメ
ヒラメの旬は晩秋から初春まで。
でもこの時期のヒラメが特に脂がのり、
身が引き締まっておいしいんです。
全国各地で獲れるのも大きな特長ですね。
新鮮なお刺身はもちろん、
お寿司では「エンガワ」が定番で大人気のネタですね。

・牡蠣
真牡蠣もますますおいしい時期になってきました。
生もおいしいですが、焼き・蒸し・鍋・揚げなど様々な料理に
どれも良く合いますね。

寒い時期だからこそのおいしい魚介類、
当店でも脂ののった良いネタをたくさんご用意しております!